藤タカシ

1982年にエピックソニーよりM-BANDのリードヴォーカルとしてデビュー、デビューシングル「ハートブレイク」でブレイクし、東京音楽祭シルバーアップル賞も受賞、TBSテレビのレギュラー出演、日本武道館の2回のイベント出演、年間100本~150本の全国ライブハウスツアーなど、精力的に活動し、M-BANDのリードボーカルとしてかなりの人気を博しました。

7年間でM-BANDは解散。その後、M-BAND時代に角川映画の「黒いドレスの女」に準主役として抜擢された際の演技が評価され、役者として俳優活動を開始。

岩城滉一さんなどと、フジテレビのトレンドドラマのレギュラー出演、映画、Vシネマなどでも活躍しながら、ソロシンガーとして、パイオニアLDCからアルバム2枚もリリースしました。

声がプラチナヴォイスと言われるように、良い声質を持ってる為、ナレーターやCMナレーションの仕事も数多くこなし、車、清涼飲料水、化粧品等々、有名な作品にナレーターとして参加してきました。 

2000年にM-BANDとして完全復活!

80年代当時の「涙あふれて」「ストップ・ザ・ミュージック」などのヒット曲は、今でもたくさんの方がカラオケでも歌ってくれています。そして、藤タカシ&ザ・スタイルという名前で、同時に全国をロックンロールサーキットと称して、精力的に回っております。

2012年はデビュー30周年ということで、六本木のSTBでもソールドアウトの記念イベントを大成功させました。 

近年は、藤タカシの独特で個性的な歌い方によって、自分なりにカバー曲を沢山歌うようになり、このステージ構成が大変好評を博しています。多分、エルビス・プレスリーナンバーをモノマネとしてではなく、しっかりと独自な解釈で歌う藤タカシのプレスリーナンバーは心に響くはずです。そして、昭和のロックシンガーのカバー曲、沢田研二さん、柳ジョージさん等のナンバーも、藤タカシの世界で表現しています。 

今、デビュー32年目を迎え、自分のオリジナルヒット曲はもちろん、洋楽オールディーズカバーや昭和歌謡カバーを歌うことによって、より皆様と近く一緒に楽しめる、楽しんで頂くステージを繰り広げ、マイク一本さえあればどこでも歌わせて頂くというシンガーマインドを持った藤タカシは、間違いなく真のエンターティナーであり、ロックンローラーとしてデビューして、ロックンロールアクターとなり、今こそロックンロールエンターティナーと呼ぶにふさわしいシンガーであります。 


オフィシャルサイト

S&Lアーティスト・マッチングサービス

音楽イベントを成功させたい公的主体のための ミュージック・アーティストのマッチングサービス