ランバンサリ

※登録要件第5号(trad)

世界中のあらゆるジャンルの音楽が氾濫している昨今、ガムランの音は、CMを始めいろいろな所で登場しています。どんな方でも、ガムランという名前は知らなくとも、音だけはどこかで必ず耳にしたことがあるのではないでしょうか。

インドネシアのジャワ島に伝わるジャワガムランの魅力を、少しでも多くの皆様にお伝えしたくて「ガムラングループ・ランバンサリ」は、さまざまな活動を行ってきました。

ランバンサリは、中部ジャワの伝統的なスタイルのガムランを演奏するグループです。東京芸術大学における故小泉文夫教授のガムラン講座を母体として、1976年にクラブを結成し、85年に大学を離れ正式に「ガムラングループ・ランバンサリ」として発足しました。その後さまざまな活動を展開し、現在まで幅広く活動を続けています。 

それぞれのメンバーが仕事や家庭を持ち、2足のわらじを履きながらの演奏活動を行っています。 結成当時は音大卒業生が中心でしたが、今やメンバーの世代やキャリアの幅がぐーんと広くなり、あらゆる職業・キャラクターの持ち主が集まって、わいわいがやがやと一年中ガムランに明け暮れています。年の割に気持ちだけは若いつもりのガムラン大好き人間の集まりです。

ささやかですが、ガムランをキーワードに集まったメンバーが、あーでもないこーでもないと騒ぎながら「何か楽しいことやろーよ!」ということを共通のテーマに、これからもいろいろな形で活動していきたいと思っています。


オフィシャルサイト

S&Lアーティスト・マッチングサービス

音楽イベントを成功させたい公的主体のための ミュージック・アーティストのマッチングサービス